Night Rail

暗号みたいなタイトルですが

わかる人にはわかるんです。

 

最近時復活したKodakのP3200TMZというフィルム

データシートを見ると、EI25600まで現像条件が記載されている

 

…ということでやってみました。

最近時のデジカメのように感度ン十万には遠く及ばないものの

フィルムで25600って結構夢のような数字じゃないですか?

 

Bronica

 

フィルムで写真を撮るのはお金がかかる。

フィルムを買わなければいけないし、現像にもお金がかかる

さらに、データ化やプリントにもお金がかかる。

 

そんなこの世の中で、とにかくコストを下げようと

いろいろ考えた末に私が今現在運用しているやりかたを

師から「加納システム」と名付けられた。

 

せっかくなので、どんな形で運用しているのか

ここに書き残しておくことにする。

 

但し、あくまで「私の」やり方であって

性格や環境、撮影ペースによってはうまくいく保証はないので

参考にする場合は、そこんところご了承いただきたい

 

また、この運用方法はモノクロフィルムだからこそできることもあり

カラーネガやリバーサルでは同じようにはできないと思うので

注意されたし

 

shadow
友人から、ナニワカラーキットを頂いた。

と、いうわけで珍しくカラーネガを撮りためて

現像してみた。

 

ALLSTAR

 

フィルムの違いがわからない…
そんな声を時々聞く

 

今回は、自分好みのフィルムの見つけかた
と、いうより自分好みの色味やトーンの見つけかた

 

そんなお話

 

※今回はネガフィルムについてのお話です

 

Platform

なんだか久々の投稿になってしまった。

 

Rollei Superpan200というフィルムがある。

 

常用フィルムはRollei RPX400で今のところ落ち着いているのだけれど

かわうそ商店さんのblogを見て、少し気になったので使ってみた。

 

続きを読む >>