Cello

なぜモノクロで撮るのか?
時々そんなことを聞かれるので、改めて考えてみた。

ちなみに、思いついた順に書いてるので、
順番に深い意味はない。

また、完全に個人の意見なので、意見は歓迎だけれど反論は受け付けません。
意見を頂いた上で考えが変わる可能性はあるけれど…


my wife

■そもそもカラーである必要がない
モノクロで撮る必要があるからモノクロで撮っている、というより
カラーで撮る必要がないからモノクロで撮っている、という方が正しいかもしれない。

素敵な写真屋さんに現像をお願いして、仕上がってきた写真を見て
とても色がいい、雰囲気のいい写真に仕上がっていると嬉しいものだけれど
それは自分の写真じゃないわけである。

じゃぁ自分でデータ化して自分でスキャンして
自分で色補正をするかというと、めんどくさい。
めんどくさいと思うということは、あまりそこに必要性を感じていないわけであって
ならなモノクロでいいじゃないか、と思ってしまうわけである。

カラー手焼きは一度やってみたいけれど、
自宅に常設してまでやりたいかというと…
やったことないのでなんとも言えないけど、無い気がする。

基本、めんどくさがりなので、モノクロが合っているということであろうか。

Glass

■安い
お店に依頼する場合、値段は変わらない。
フィルムの値段も上がってきたので、おそらくコストは変わらない。
ただ、私の場合は自宅で現像する。自宅でスキャンする。自宅でプリントする。
こうなると、価格差は圧倒的である。
さらにフィルムも100ft缶を買って巻いているので、比較的安い。

当然、薬品代と自分の時給は発生するわけであるが、
こちらは不思議とあまり面倒と思わない、ということは
精神的に必要なものと認識しているのであろう。
(流石に未現像フィルムが大量に貯まると、面倒に思うが…)

鳥瞰図2

■画面の整理が楽
これはどっちとも言えない部分もあると思うが
カラーの場合、例えば目の前の彼女を撮ろうとしているとして
どんなに絞りを開けて背景をボカしても、背景に真っ赤に輝く
消防車がいたりすると、完全に持って行かれてしまう。

モノクロは、それをそんなに意識しなくて良い(正確には良いわけじゃないけど)ので
画面の整理が楽、と考えている。
勿論、撮影する段階で意識的に背景を整理しておくことは必要だけれど
整理したつもりが取った瞬間に赤い車が背後を通ったとか
そんなことがあっても、モノクロの方が影響は少ない、と思う。

そんなこんなで最近はモノクロで撮り続けている。
時々カラーが恋しくなってカラーを詰めたりもするが
現像に出しに行くのが面倒でほったらかしになったりする。

次は敢えてカラーでも詰めてみようかな…(たぶんやらない)


コメント
TITLE: SECRET: 0 PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456 色があると持っていかれてしまう、というのがとてもわかるー あと色のバランスに目を取られて、対象が薄れてしまうんさね。 モノクロはほんと落ち着くし、ほんといい意味で楽! KJさの現像、いつも綺麗でほんと羨ましい・・・ 失敗することもあるのー?
TITLE: SECRET: 0 PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456 >harureiさん こんにちわ! たまにカラーを撮ると、カラーもいいなぁと思ってしまうんですけどね(笑 でも基本がモノクロ脳になっちゃってる感じがします… 失敗という失敗は今まで1回(温度管理不足で過現像)くらいですかね… 条件を統一してやっているので、あまり失敗の要素もないのかも… そろそろ、条件変えて(希釈率高めるとか、高温短時間とか、静止とか)やってみたい気はあるのですが… -----
  • by KJ
  • 2014/09/08 8:54 AM
コメントする