Talking with...

呼び捨てにしてしまった…申し訳ない。
ハービー・山口さん、最近追っかけている(笑)写真家さんである

失礼を承知で正直なところを申し上げると、
最近まで、名前は伺ったことはあったものの、よく知らなかった。



正確に言うと、写真家さんというものにあまり興味を持っていなかった。
有名な人(ハービーさんも含め)の名前を聞いたことがある程度であった。

そんな中、2014年の4月に東京に帰ってきて、
東京帰ってきた!写真展行ける!モノクロ!と思って探していたところ
見つけたのがハービーさんの写真展だったというわけである。

しかも、トークショーがあるということで、
写真家さんに会える!?東京凄い!などと、田舎者根性丸出しで
ハービーさんのトークショーに出向いたのだ。

第一印象は、とても感じのいい人。いい人オーラが溢れでている。
そしてトークショーを聞いて、
「あぁ、凄い写真家さんだけど、根はライカ好きなおじさんなんだな」と
とても親近感を感じたことを覚えている。

その時はまさかお話できるとも思わず、
トークショーが終わった後はするりと帰ってきた。

Harajuku Night

そこで写真展を見て、トークショーを聞いたあたりから、
ハービーさんという人が気になり、いろいろと調べていた。
すると、まさに自分が撮りたい、そう思っているような写真を
コンセプトとして、ずっと撮っていらしゃるということがわかった。


二度目にお会いしたのはまたまたハービーさんのトークショー。
とある写真展(個展)にて、トークショーがあるということで
またまた申し込んで出向いた(このへんで既に追っかけである)

トークショーの合間、ハービーさんの写真を1枚くらい…と
こっそりカメラを構えていたところ、ハービーさんの目が光った!

「それは、IIIf?」

そうだった、この人はライカ好きなのだった。
その時持っていたのはIIIaにエルマーを付けたベタベタなバルナック。
やはりこの時代、バルナックを持ち歩いている物好きはそうそういないようで
目にとめてくださったようである。

そして、トークショーのときはじっくり写真が見れなかったため
後日再び伺ったところ、ご本人に遭遇。

その場にいた人も交え、いろいろな話を聞かせていただくことができた。

Herbie Yamaguchi

いつお会いしても、いい人柄が溢れ出ている。
今後も、「追っかけ」として写真展には足を運びたいと思う。

そして、いつかはハービーさんのような写真が撮れるような
人柄を身につけることができたら…と、思う。


コメント
全然うらやましくなんか・・・うらやましい(>_<)クー
>harureiさん 是非、12月にもハービーさんの展示があるので足をお運びください! ご本人に会えるかも!?バルナックを持っていれば、間違いなくお話していただけますよ! -----
  • by KJ
  • 2014/10/28 10:36 PM
コメントする