snowy day

年末にヨシオカさんに伺った際、次の常用フィルム候補として手に入れていたFOMAの400。
ここ数日でIIIaに詰めてようやく撮りきったので、どんな感じか見てみることにする。

1枚目は雪の日の写真。
どうしても雪の写真が撮りたくて、IIIaをポケットに入れて通勤。
傘をさしながらカメラを取り出して撮影した一枚。

少し粒状感を感じるが、HP5+と変わりないレベル。
うん、悪くない。



12cellos

12人のチェロ、練習中(休憩中)の1枚。
普通の明るさの室内、といったシチュエーションではあるが、しっかり写っている。
うんうん、悪くない。

sensitive

晴れの日の屋外。
シャドウ部の粒子間は結構目立つ気もするけれど、許容範囲だろう。
うんうんうん、悪くない。

Fireking

いつもの室内。
ちょっと、シャドウが一気に潰れてしまっている。
露出はいつも撮ってる設定にしてたつもりなのだけれど…
400TXに比べると、実効感度は低めなのかもしれない。

暗めの室内で撮るシチュエーションもそこそこにあるので、これはちょっと痛い。
悪くはないが、明るいところ専用フィルム、といったところであろうか。
あ、でもそれなら同じFOMAでも200の方が好きな気がする…
(たしか、FOMAの100と400はトラディショナルタイプ、200だけ平粒子だった気がする)

プリントしてみるとまた違った印象になるかもしれないけれど
とりあえず、常用としてはHP5+に軍配が上がるかな…

プリントしての感想は、またいつか。


コメント
コメントする