立入禁止

モノクロ写真を撮っていると、いずれ行き着くのが自家現像である。
いや、行き着かない人もいるかもしれない。。。

今日はそんな、フィルム自家現像の話。

 
Cello Cello Cello...

なぜ自家現像なのか?
人によって、理由は様々であると思うが、大きく分けて3つくらいなのではないだろうか。

ひとつめは、現像代の節約。ふたつめは、現像待ち時間の短縮。
そしてみっつめは、条件をコントロールすることによる好みのネガ作りである。

Left
 

現像代を節約する


自家現像をすると、現像代を節約することができる。
きっかけはここから、という人も多いのではないだろうか。
初期投資はかかるものの、日々の現像代を考えるとかなりお得になる、はずである。
(撮影頻度によってはそうならない場合もある)

実際どのくらい安くなるのか?
計算してるサイトなんかもあるけれど、自分で計算してみたので
せっかくなので載せてみることにする(久々に真面目な?ネタ?)

結論から言うと、お店に出すとだいたい1本500円かかるのに対して
自家現像のコストは、1本あたり20円〜150円くらいである(使用する現像液による)

Wine Glass

それでは計算の内訳をご紹介していこうと思うが、計算の条件がいくつか。
・停止液は渡しの場合水で代用しているので、計算から外している
・使う液の量は、ステンレス製の35mmフィルム1本用のタンクで計算(250cc)

定着液は、中外写真薬品製のマイフィクサーを使用している。
こちらは1Lで813円(2015年5月現在ヨドバシ価格)、希釈して5Lになる。
データ上では、1Lあたり24本定着可能と記載されているので、
813円/(24x5)=7円/本
という計算になる。

次にドライウェルであるが、こちらは富士のドライウェル(っていうか商品名だった)
を使用している。こちらは200ccで349円(2015年5月現在ヨドバシ価格)、
200倍希釈なので、希釈すると40Lになる。
1本に使うのは250ccなので160本処理できる計算である。
本来再利用できるものではあるが、高価なものではないので使い捨てとしている。
(以前、再利用しすぎてゴミ?が発生し、ネガを汚してしまったこともあった)
と、いうことで、1本あたりのコストは
349円/160本=2円/本
という計算になる。

以上から、現像液を除いたコストは1本あたり9円、ということになる。

Papers

さて、それではコストを左右する現像液の話に移っていこうと思う。
尚、今回は下記の現像液について計算を行った
Kodak D-76, Kodak T-Max Developer, Rodinal(R09 Oneshot)

計算方法は全て同一であり、
購入価格/原液容量x必要容量
という計算式で算出している。

一例として、D-76の計算をしてみる。
1ガロンで購入しているので、購入価格は1090円(2015年5月現在ヨドバシ価格)
1ガロン=3.8Lとして、原液1Lの価格は287円。
私の現像は、1:1希釈で行っているため、1本に使う現像液は125cc(0.125L)であるので
1本あたりの価格は36円となる。

つまり、定着・ドライウェルと合わせた価格としては、
1本の現像価格は45円である。

同様に計算した結果(定着・ドライウェルを含む価格)は下記の通りである。

D-76 1:1 ・・・ 45円
R09 1:25 ・・・ 56円
T-Max ・・・ 139円
R09 1:100・・・ 21円

最後のR09 1:100は、R09現像液を1:100で希釈し
静止現像するという条件である。こうすると、かなりコストが下がる。

とはいえ、王道のD-76 1:1現像においても、現像代は50円程度である。
お店現像が約500円程度とかんがえると、1/10のお金で現像ができる。

Sarushima

これを魅力にして、自家現像を始める人も多いであろう。
かくいう私も、自家現像するようになってから「現像にお金がかかる」という概念を失い
気にせずバシバシ撮るようになってしまった(2014年は平均20本/月)

実際には自分の時給がかかってくるわけではあるが…
たくさん撮りたいけど現像代が…という方にはオススメである
(但し、その後のスキャンはなかなか大変である…ということは付け加えておく)

あぁ!
 

撮ったその日に写真を見る


モノクロフィルムというものは、基本的にお店では即日現像が不可能である。
と、いうのは普通のカラーフィルムとは処理が違っているからで
外注になってしまうため、最低でもは中1日、長いところでは1週間ほど待たされる。

待つのが楽しい、というフィルムの楽しさもあるものの
やはり人間というもの、撮った写真がちゃんと撮れているのか
早く見たくなるものである。

私が熊本にいた頃、DELTA3200という特殊なフィルムを時々使っていた。
これが曲者で、九州内で現像できる場所がなく、東京のラボ送りになってしまっていた。
結果、お願いしたお店から外注先へ、外注先から東京のラボへ、
現像して外注先へ、そして頼んだお店に帰ってくる…という経路をたどるため
写真になって帰ってくるまで、約2週間の時間を必要としていた。

こりゃーさすがに待てない!と考えたのが、私が自家現像を始めたきっかけである。
もともとはDELTA3200だけは自分で、と考えていたのだけど
その日の夜に現像できちゃうことに味をしめ、結局全て自分でやることに…

今ではすっかり、撮って帰ってきたら現像、というワークフローが出来上がってしまっている。

最後に条件のコントロールであるが
こちらは話せば長くなりそうなので、またの機会に取っておくことにする…

後編へつづく。

 
コメント
コメントする