Color-Heliar 75mm/f2.5開放で妻を撮る

まだまだ続く、妻を撮るシリーズ(そろそろ妻の顔にも飽きられたでしょうか…?)
今回は少しアップで失礼します。

先日、「妻を撮る」シリーズを連投させていただいたのだが
どうも、f4.0くらいで揃えると特徴が出ない(安定してくる)ということで
全て開放で撮り比べてみることにした。

今回はスキャン条件を各々最適化して、
各レンズの実力を比較してみることとした。

尚、背景に若干見られる縞模様(?)はスキャナの仕様である。
(全体的にちょっとアンダーめだったようで出てしまった)


Color-Heliar 75mm/f2.5


唯一のノンライツレンズである(贅沢な話だ…)

全開、屋外f4.0の撮影ではコントラストの高さが顕著だったが
屋内(というか、最適補正?)では、あまり気にならない。

さすがは現代レンズだけあって(?)開放でも安定感がある。
ボケも滑らかで綺麗だし、ピントの合った範囲はきちっと解像してる。
鏡胴も比較的コンパクトだし、中望遠スナップにはちょうど良さそうである。

ただ、75mmという半端な焦点距離であるがゆえ
M3でも外付けファインダーが必須になることがハードルを上げているかもしれない…

次回予告:Elmar 35mm/f3.5(開放)で妻を撮る


コメント
コメントする