Kawaramachi
写真とは、記憶の記録である。

ある人を撮った写真
ある場所を撮った写真

その瞬間、その人(場所)の姿を写し撮ったもの。
どちらも、記録といえば記録である。

 
sleeping...?

しかしその人、その場所を知る人がその写真を見ると
見た人の記憶を呼びおこすことができる

この人とはよく遊びにいったな、とか
この場所で誰かと会ったな、とか
いろいろと、思い出すことができる

自分で撮影した写真は
大抵、撮った時のことを思い出すことができる
(一部、酔っ払って撮った写真など、例外もある)

撮ったその日に見て、大した写真ではなかったとしても
1年後、5年後、10年後に見ると
面白いものになるのではないだろうか

そう思って常にシャッターを切ることにしている。
その人、その場所の写真、いつ撮れなくなるかわからないからね

冒頭の写真は熊本河原町の写真
先月火事で燃えてしまい
二度撮れない写真になってしまった場所である

そういう意味で、写真を撮るということは、
記憶の記録を撮っていることになるのだ。
 
コメント
こんばんは。

ボク自身、写真というのは(ボクたち日曜写真家の写真も含めて)時間が経った時に初めて価値が出てくるんじゃないのかな、という思いがあります。
写真というのは人や場所や感情の記録でしかないのでしょうが、その記録ってものすごぐ大事なものだと思うんですよね。

>はしもとさん
コメントありがとうございます

写真を見ることでその時の感情とか空気とか、思い出すことできますもんねぇ〜。。。撮った本人は、ですが(笑

藤田一咲さんの本に「写真はどこでもドア」という言葉もありました。
写真を見るだけでその場所その時間に一瞬で行くことができる…というものでした。
  • by KJ
  • 2016/04/12 10:45 PM
コメントする