olympus Pen S

 

名レンズと言われた、ツァイス社のレンズ、ゾナー。

コーティング技術が未成熟だった時代に、

レンズの貼り合わせを増やし、反射面を減らすことで

画質とコントラストを両立させたレンズ。


 

monogram

 

ライツレンズではゾナータイプのレンズはないため(ないですよね?)

気にはなっていたけれどなかなか使ってみることができなかった。

 

本家ゾナーでライカに付くマウントのものは数が少なく高価であるし

国産ゾナータイプもちらほらあるものの、やはり値が張る。

 

そんなこんな手を出せていなかったのだが

先日、有楽町で行われていたカメラ市に立ち寄った際

某店のジャンク箱に入っている1本のレンズをみつけた。

 

人が多く、めぼしいものもなかったので

そろそろ帰るか…と思っていた矢先の出会いであった。

 

shibuya street

 

それが今回のレンズ、Jupiter-8である。

 

ツァイスゾナーのロシア(ソ連)コピーレンズであるJupiterは

8の他にもいろいろとバリエーションがあるようだが

有名?なのは、先日Lomographyで復刻版が発売された

Jupiter-3(50mm/f1.5)あたりだろうか。

 

発見したJupiter-8は、50mm/f2.0の標準レンズである。

タイトルでは”なんちゃって”と言ってしまっているが、

間違いなく、ゾナータイプのレンズである。

 

ジャンク箱に入っていただけあって、状態はなかなか悪い。

しかし、レンズは小キズこそあるものの曇りは無く良好。

悪いのはピントリングと絞りリング。おそらくグリスが固着している。

一応回るけど、劇的にシブい。

 

しかしレンズが綺麗なら…ということでこちらを入手した。

家に帰ってからネットの情報を頼りに分解である。

 

ロシアレンズだしきっと構造は単純だろう…とタカをくくって作業を開始。

結論としては、予想はそう外れておらず、無事にクリーニングすることができた。

 

中は、古いグリスがベトベトのカチカチになっていた。

製造当初のものなのか、入れ替えられたものなのかはわからないが

グリスは塗ればいいってもんじゃないんだぜ…

 

そんなわけで個展搬入から初日にかけて

M3につけっぱなしにして撮影してみた。

その写真が、この記事に載せている写真である。

 

my wife

 

未だスキャンを見ただけであるが、悪くない、というか、良い。

流石に同スペックのズミクロンにくらべ解像度は低いが

必要十分と判断できる、と思う。

 

トーンも綺麗だし、条件によってはやや暴れるものの

ボケも素直で綺麗である。

 

なにより、鏡胴がアルミ製なのでレンズが軽い!

ピントノブがないのはいささか気にいらないが(ノブ好き)

十分、常用レンズとして使えるレンズである

 

実にいい買い物をした。

 

おしまい

コメント
コメントする