Paddlers Coffee

先日、某カメラ店で救出したコンパクトカメラ

価格的には駄カメラ価格なのだけど

名門であるカールツァイスのテッサーが付いているとなると

若干「駄」感は薄れるな…とか思ってみたり。

 

なにより、自分は駄カメラ展出展者でもなんでもないので

非公認であることを宣言しておく。

なんでもかんでも駄ってつければいいわけじゃないもんね。

 

※後日談あり、駄カメラという言葉について出展者の方に伺い

少し認識が違っていたのでこんな記事を書いた

 

でも、いくらツァイスが付いているといっても

シャッター音とか、巻き上げ音とか、

チープで「駄」感は感じられると思うのである。

 

Entrance

 

チープとは言うものの、フィルムカメラにおいてボディはただの箱

レンズが良ければカメラとしての性能は満たされるのだ!

 

というわけで、とりあえず試写も兼ねてモノクロフィルムを1本通してみた。

 

牛串?

 

ウワサには聞いていたAFの弱さはあるものの

測距した結果がアイコンで表示されるので

そこに気をつけながら撮影していれば、そこまで外すことはない。

 

Backside of Building

 

グレーのトーンなんかは良い感じに出ていると思う。

一度、ちゃんと印画紙に焼いてみたいところ。

 

とりあえず撮れていることは確認できたので

カラーフィルムを詰めてみることにする。

T*コーティングの実力やいかに…

 

ちなみに、カメラとしてはなかなか使いやすい。

図体はでかいけれど、指掛かりがあるので片手で持ち歩くこともできるし

ストラップをつけて首から掛けてしまえば重さは感じない。

 

フラッシュ発行禁止モードで固定はできないものの

ボタンを押しながらシャッターを切ることで

発行禁止・強制発光を切り替えられるので、悪くない。

 

トータルで見ると、シャッター音は爆音だけれども

いいカメラだと思う。

 

発売当初は5万円超の高級機だったんだもんな…

 

カラーの結果は、またいずれ

 

関連する記事
コメント
コメントする