Elmar

 

ひょんなことから書き始めた

KJ的焦点距離別レンズ話

 

標準レンズに引き続き、今回は広角。

 

■28mm

 

photo exhibition

 

「広角」といって誰もが想像するのは28mmではないだろうか

標準レンズ編でもお話したとおり

35mmは標準とも広角とも取れるし

21mmは、超広角に分類もできるかな…とか考えると

28mmは「ザ・広角レンズ」に分類されると思う。

 

SALE!!

 

コンパクトレンズに採用されるのも28mmが多い。

有名所ではGR1やTC-1、naturaのワイド側も28mmである。

 

風景を広く写すにはちょうどよいが

広角は上手く使わないと散漫になってしまうのが難しいところ

 

個人的には35mmが標準くらいの感覚なので

28mmはちょっと中途半端な画角になってしまい、上手く使えなかった。

 

そんな意味では、次にお話する21mmの方が

個人的には「広角レンズ」に感じている

 

■21mm

 

Bassist

 

前述したとおり、KJ的「ザ・広角レンズ」である。

 

目に入ってくるもの全てが写る感覚に陥る画角であり

個人的に使っていてとても気持ちが良い。

 

パースもかなり強いので、それを活かした写真を撮るのもよいけれど

個人的にはできるだけパースがつかないような

標準レンズで撮ったような(広角感のない)雰囲気の写真が好きである

 

rainy day

 

このくらい広角になると被写界深度もとても深いので

AFじゃなくても片手で撮れる気軽なレンズである

 

バルナックライカに21mmを付けて

散歩しながらそこら中のものを撮って歩く感じが好きなのだ

 

広角というと風景を撮るレンズというイメージを持っていたが

広角は寄ってナンボ!という言葉もあるように

ぐぐっと寄って被写体を撮りながら

背景もぜーんぶ写し込む、といった使い方が非常に気持ちが良い

 

Beer Girl

 

ポートレイトと一言に言っても

周囲の状況まで写し込んだ写真が好きなKJとしては

21mmはポートレイトレンズ!と言ってもいいかもしれない…

 

但し、一眼用レンズでここまで広角だと

歪みが気になってしまうので

広角感が無い写真が好きというところも含めて

広角を使うなら、やっぱりレンジファインダーが良いと思っている

 

これ以上の広角は使ったことがないので語れません!

というわけで広角編はこの辺で

 

コメント
コメントする