Layered

めざ個仲間より、Kodak Tmax 400を譲っていただいた。

 

あまり使ったことが無いフィルムだったのだけれども

なんとなく「専用現像液じゃなきゃダメ」というイメージを持っていた。

とはいえうちにはD-76しかなかったので、とりあえずD-76で現像

 

その後、せっかくなのでTmax現像液でも現像し、

比較してみることにした

 

最初の方がD-76で現像したもの

途中からTmax現像液で現像したものを貼っている

 

Layerd

 

結論から言うと、私には違いがあまりわからなかった。

まだプリントしていないのでなんとも言えないところもあるけれど…

 

一般的には、TmaxをD-76で現像すると、軟調になりすぎる…

ということが言われている。

でも、個人的には軟調が好みなので、むしろ都合がいいのかもしれない。

 

Omotesando

 

この写真なんかを見ると、たしかにちょっと眠さは感じる気もする

コントラストがしっかり付いた写真が好みの方は物足りないだろう

 

ハイライトのヌケ、もちょっぴりもの足りない気もする

(右上の雲のあたりや看板の反射)

全く同条件で撮影したものではないので感覚的な比較になってしまうが

確かに「軟調になる」傾向は見られる…ような気がする

 

ここから、Tmax現像液で処理したものを貼っていく

 

Big Baby

 

いきなり屋内の写真なのでちゃんと比較できないが

黒の締りはこちらのほうがいい…気がする

(補正にもよるので一概にはいえないが)

 

しかし、普段使ってるKentmereを1段減感して出ているトーンが

減感なしで出ている気がする。粒状感も程よい。

(これは現像液というより、フィルムの性能か?)

 

Winter shadow

 

屋外での1枚、やわらかい冬の光を捉えられている感じが好きだ

道路の反射あたりのハイライトのヌケは

D-76現像では出ないかもしれない

 

こんな感じで、個人的にはうまく説明できるような

大きな違いを見出すことはできなかった(細かい違いは、いろいろあると思う)

とはいえ、写真を見て何か気づくところがあればと思い記事にしたので

参考になれば幸いである

 

次は、Tmax現像液で普段使いのKentmereを現像してみようかな…

 

 

コメント
コメントする