Ginza

タテヨコとは、富士フィルムの作ったコンパクトカメラのこと。

正式名称はAUTO-8QD Tateyoko である。

(カメラの紹介記事はこちら

 

このカメラの秘密…というわけではないけれど

素晴らしい設計に気づいてしまったのでここに記しておく。

もうみなさんご存知のことかもしれないけれど…

(だって知らなかったんだもん)

 

Summer Vacation

 

このカメラは皆さんご存知の通り

縦向きにカメラを構えて写真を取ると、

ちゃんと縦位置で日付が入る、というものである

 

そんなカメラで撮った2枚の写真なのだけれども

ひとつ、おかしなところがあることに気がつくだろうか?

 

そう、冒頭のモノクロ写真は写真中央寄りに日付が入っているのだけど

2枚めのカラー写真は、写真の下端近くに日付が入っているのである

 

なんじゃこりゃ?と思い原因を探っていったところ

驚くべき(というほどではないかも)仮説が浮かび上がってきた。

 

Ginza

 

Summer Vacation

 

この2枚の写真、並べてみるとわかるのだけれど、縦横比が違う

1枚目は自分で現像&スキャンしたもので、だいたい縦横比は2:3

一方2枚めはお店で現像&スキャンで見てみると縦横比は5:7になっている。

 

35mmフィルムの画像サイズは2:3なので

カラーの方は少し上下が切られている形になっている。

 

ではなぜそんなことになっているのか?

 

実は、一般的にプリントで使われるL判や2L判というサイズ

この印画紙のサイズが5:7でできているのである

(L判が89mm x 127mm、2Lが127mm x 178mm)

 

つまり、5:7でスキャンされたカラーのデータは

一般的にプリントした際にトリミングされる大きさになっている

というわけである

 

 

さて、このカメラが発売されたのは1985年(なんと同い年)

当時はデータ化なんて技術はなく、写真を撮ったらお店で現像し

プリントして楽しむのが一般的であった

ということは、縦位置で撮った写真の上下はトリミングされてしまうのだ

 

もし縦位置で日付がもっと下に配置されていたとすると

プリントする際にトリミングされ、切れてしまうことになる。

そういったことがないように、縦位置で撮ったときの日付の位置が

この場所に配置されたのではないだろうか

 

データ化するのがが基本になってしまった今

「なんでこんな真ん中にあるのかなー」と思っていたのだけれど

謎が解けて嬉しかったのでここに残しておくことにする

(ちなみに裏取りはしてないのでホントかどうかは不明です)

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする